itscorbeille ballet|浮き星

演目に合わせて味をセレクト

「浮き星」はもち米(あられ)に砂糖蜜をかけた甘い伝統的なお菓子です。
一見、コンペイトウのように見えますが、中身があられなので甘さが控えめでとても素朴な味です。しかも、この浮き星をつくっているのは明治33年創業の「明治屋」さん1軒のみで、実に貴重なお菓子といえます。もともとはお湯(水)を注いで飲んで(食べて)いたもの。実際に試してみると、はじめは沈んでいるのですが、数秒で周りの砂糖が溶け、中心にあるあられがぷかぷかと浮いてきます。思わず「おお~」と声が出てしますほど、その様子はとてもかわいらしいです。勿論、そのままぽりぽり食べても美味しいですよ♪

PAGE TOP